東洋医学で難病が治った実例・・・

突然身に降りかかってくるかもしれない難病。
生まれた時から抱えている方もいれば、
ある程度年齢を重ねた人でも
難病に襲われる可能性もあります。

先日、テレビで林家こん平さんが出演されていたのを見かけました。
こん平さんの場合も、60歳を過ぎたころに難病である
多発性硬化症という脳や脊髄の多くに病巣ができてしまうという
病気にかかったそうです。

現在では、治療やリハビリなどの効果からテレビに出演
したり、イベントに出演することもできるようになったそうですが、
やはり本人にとっても家族にとってもここまで来るのには
とても大変な日々だったようです。

難病というと、現在の医学では治らない。
そう思っていましたが、一部では難病を東洋医学で治ったという
実例もあるといわれています。

東洋医学による治療法とは。
東洋医学には、漢方を用いたり薬膳、指圧、
針やお灸、温熱療法に気功などがあります。

これらの東洋医学を用いることで人間の体がもともと持っている
治癒力を高めて治療につなげていくという方法です。
西洋医学だけでは限界のある難病の治療に
こうした東洋医学を併用して
難病の改善や痛みの軽減に役立てる方も多くいらっしゃいました。

やっぱり、一口に病気を治すといっても
強い薬を飲んだり、手術を繰り返すなどの
治療するだけといった西洋医学だけでは、
特に難病は難しいです。
免疫力を高めたり治癒力を高める東洋医学を用いることで
人が本来持っている治す力を呼び起こすことも
難病と闘うには大切なのでしょう。
ただ、うちのような田舎だと東洋医学をしっかりやっている
病院なんて見当たらないのが現状です。
東洋医学で難病が治るなら、もっと広まってほしいものです。

他人ごとではない難病って神経に携わったものが多いようです。
神経からくる痛みを伴う病気でもあります。
その痛みの軽減にも東洋医学は最適です。
たった10分で今の痛みが半分になるとも言われています。
副作用のない体にやさしい東洋医学はやはり
人間には適した治療法なのかもしれませんね。

副作用があったり、強い薬を飲むといった西洋医学とは違い、
東洋医学は、人間の持っている基本の治癒力や免疫力を高める
療法です。
なにも、西洋医学をやめた方が良いというわけではないけれど、
自分で治す力を引き出す治療法は負担のない体に優しい
東洋医学はもっと身近になってほしいなと思っています。

女性の体の悩みを解決!このツボを押せ!冷え性、生理痛・・・

女性って男性に比べて体の悩みって多くありません?
・なんだか調子が上がらない。
・指先のひえがつらい
・便秘
・生理痛
・イライラ
・更年期障害

女性の方がホルモンバランスも崩しやすく、
慢性的なこういった症状が出やすい。

でも、どうにもできないこれらの症状。
と思っていました。

だけど、こういった女性特有の症状を一度に抑える方法がったのです。

それが、ツボ押し。
ここでは、女性の体の悩みを解決!このツボを押せ!
をご紹介しています。

・なんだか調子が上がらない。
ひざ下部分の足のすねの内側にある地機(ちき)
ふくらはぎ全体を回したり揉み解してもオッケー。
なんだか調子が上がらない、だるさや倦怠感が解消されます。

・指先の冷えがつらい
足の小指の爪の生え際にある至陰(しいん)
アキレス腱の横にある太谿(たいけい)
これらのツボを刺激することで血行が良くなり
冷えを改善できます。
血流が良くなるってことは、むくみまで解消できるってこと。
ダイエットの大敵でもある冷えは
ツボ押しで改善しよう。

・便秘
土踏まず周辺、手首の外側の左神門(さしんもん)
腸全体が刺激されて便秘の解消になります。
毎日押すと、毎日便通がある日々がやってくるかも。

・生理痛
ひざから指三つ分上の内側にある血海(けっかい)
つらい生理痛、お薬に頼る前にまずは押してみてほしいツボです。

・イライラ
首の後ろ、頸椎たどりった首の付け根あたりの突起骨の下のくぼみ
大椎(だいつい)
温めるとより効果的です。
入浴時には大椎を中心にシャワーをかけたり、
ドライヤーをかけるのも効果ありです。

・更年期障害
足のくるぶしの内側4本指分上に位置する三陰交(さんいんこう)
三陰交は婦人科系の多くの症状に効果のある
ツボだといわれています。
多くの女性が長きに渡って悩む更年期障害の
予防と改善に役立ててみましょう。

ツボ押しのポイント!
ツボを押すときは力任せではダメ。
痛気持ちいい~程度に行いましょう。
また、食事が終わった直後や入浴前にも避けましょう。
息を吐きながらツボを押してリラックスしながら行うことが大切です。

 

昔、健康に良いとされるヨガをやってましたが挫折しました。

皆さんは、健康のために何か運動などをしていますか?

私は、特に痩せたいというわけではないのですが、
冷え性などを治したいなぁ~と思って、今までに色々やってきました。

例えば、私が昔やっていたものはヨガです。 ヨガは美容と健康に良いと言われていますね。

ヨガは、ダンスと違ってリズム感を求められるわけではなく、
ゆったりとした動きで、自分の呼吸に合わせてポーズを取っていくものです。

きちんと行っていれば、身体の代謝も良くなるし、筋肉がついて引き締まるし、
リラクゼーション効果もあって、精神と身体のバランスが取れるようになると言われています。

このヨガを3ヶ月くらい続けていましたが、実は挫折してしまったのです。

芸能人やキレイな女性がやっているのを見て、
私もあんな風になりたいなぁ~と思ったのがキッカケで、ヨガ教室にも通いました。

少人数で行っていたので、インストラクターの先生からもちゃんと見てもらえます。

ただ、見てもらえるといっても、マンツーマンではないので、
「○○さん、もっと右に曲げて~」っていう指摘だけで終わってしまうことが多く、
どこをどう直したらいいのか分からないまま・・・ということになってしまいました。

ヨガは、激しい動きはないものの、結構ポーズなどが難しいときもあるのです。

生徒が4人くらいしかいないのに、私ばっかり指摘されるので、 何だか恥ずかしくなってしまいました。

私がちゃんと出来ていないのが悪いんだけど、 ヨガレッスンに行くたびに、
惨めな思いをするようになって楽しいと思えなくなって・・・
そして、やめてしまいました。

それから、ヨガのDVDを買って自宅でやろうかとも思ったのですが、
そういうのって、なかなか続かないんですよね。

現在は、健康のために特別な何かをやる!という感じではなく、
日常生活の中で、よく歩いたり、ぬるめのお風呂に長く入るようにしています。
体調はなかなか良いですよ!

皆さんも自分に合った健康法を探してみると良いと思います。

 

 

エレベーター、エスカレータはなるべく使わないこと

ダイエットや健康のために運動したいけど、なかなか時間がないと感じている人は多いみたいです。

運動が大切だと分かっていても、毎日続けるのって難しいですね。

健康のために、よくウォーキングなどをしている人を見かけることがありますが、
雨が降ったら休んでしまうことが多く、梅雨時になると挫折してしまう人もいるようです。

ウォーキングなどはストレス解消にもなって、良さそうな健康法だと思いますが、
わざわざそのために時間を割くというのは、続けにくい人もいるのかもしれません。

そんなことをしなくても、日常生活の中でも工夫すれば運動するチャンスはあります。

例えば、買い物に行った時に、車を遠くの駐車場にとめて歩くとか、
バスや電車だと1つ前で降りて歩くとか、元々歩いていく人は少し早歩きをすると良いでしょう。

また、エレベーターやエスカレーターを使わないで、 階段を使うという方法は、とても良いと言われています。

アイルランドで、ビルの階段(1576段!)を駆け上がるレースがあるそうですが、
階段を上ったり降りたりするだけでも、かなりハードな運動になるのです。

もちろん私達は1500段もの階段を上がるような運動は必要ないのですが、
日常生活の中で、階段を上り下りする機会をつくると、知らず知らずのうちに、かなりの運動していることになります。

1日2分間、階段上りを4~5回行うだけで、ジムに通っているのと同じくらいの効果が得られるそうです。

1分当りの消費カロリーにすると、 成人女性が、階段を上った場合は7キロカロリー。
もし走って階段を上ったら、約13キロカロリー。
階段を下りる場合は2.6キロカロリーだそうです。l

単にカロリーを消費するだけでなく、階段を使うことで身体の基礎代謝も高まるみたいですよ。

10分間も階段上りを続けるのは疲れてしまいますが、 何も連続でなくても良いし、
10分続けないと効果が全くないというわけではないので、
美容と健康のために、日常生活の中で、少しずつ意識して階段を使うようしましょう!

 

夕食は寝る2時間前までに済ませることが長生きのポイント!

人間が生きていくためには、食事や睡眠は大切なものですね。

食事ももちろん大事ですが、健康で活動的な毎日を送ったり、病気の予防するためには良い睡眠をとる必要があります。

皆さんも寝不足の翌朝は、頭がボーッとしませんか?
睡眠不足になると、注意力や集中力がなくなって勉強や仕事の効率が下がってしまいます。

また、身体の疲労が抜け切っていないために、元気もなくなってしまうでしょう。
人によっては、イライラしたり情緒不安定になって、ストレスも多くなると言われています。

それに、睡眠不足によって病気のリスクも増えることが分かってきました。

まず夜更かしをしたり眠りが浅い人は、いつも交感神経が働いているので、
血圧が高い状態が続いて、高血圧を引き起こすかもしれません。

それに睡眠がきちんと取れていない場合は、ホルモンバランスも乱れてきます。

ホルモンのバランスが乱れると、食欲を調整するホルモンが過剰に分泌することで、 食欲を増えてしまって、肥満になる可能性もあります。
肥満といえば、もう一つ。
血糖値をコントロールするためのインスリンの働きが悪くなって、糖尿病になりやすくなることもあるそうです。

このように睡眠不足は引き起こす高血圧や肥満、糖尿病は動脈硬化のリスクを高めることにもなり、
心筋梗塞などの心疾患、脳卒中などの危険性を高めることにもつながってしまうでしょう。

こういった睡眠不足を解消するためには、 やはり、夕食を寝る2時間前までに終えるというのが一番良いそうです。

胃の中に食べ物が沢山残っていたら、消化のために胃が全力で働き続けるので、身体はぐっすりと眠れません。

でも、胃が空っぽすぎても、身体を消化するためのエネルギーが必要なくなって、
血液が脳に集中してしまうために、脳が興奮状態になってしまうと言われています。

なので、適量の夕食を寝る2時間前までに食べることで、十分な睡眠を得ることができるのです。

良い睡眠を取るということは、病気のリスクを減らして、長生きをするコツになるので、
皆さんも出来るだけ食事の時間に気をつけてみてはいかがでしょうか。

 

マーガリンは絶対につかわない!なぜなら・・・

現在、マーガリンは、バターよりも身体に悪いと言われていますね。

昔は、バターは動物性ということで敬遠されていて、 むしろマーガリンは植物性で健康に良いイメージがありました。

バターはコレステロールが多くなる危険性があるとされて、 マーガリンはリノール酸やリノレン酸などの植物性油脂なので、安心だとされていました。

でも、最近ではマーガリンは良くないと言われて、バターに変えている人が増えているみたいですね。

なぜマーガリンが良くないと言われているのでしょうか?

それは植物性油脂が問題なのではなく、マーガリンの中に入っている「トランス酸」が原因なのです。

トランス酸は、マーガリンを加工する際に、 精製された油脂を乳化し、水素などを添加していく過程で出来るそうです。

このトランス酸は自然には存在しない脂肪酸なので、身体の中で処理がうまく行かずに、 体内に蓄積していくのではないかと言われています。

このトランス酸によって、クローン病が起こるという学説もあるし、
動脈硬化や心疾患などの原因になることが分かってきているようで、問題になっているようです。
認知症との関連もあるそうですね。

また、トランス酸は発ガン性も疑われています。
約30~40年前、日本では今と違って洋食を食べる機会があまりなかったので、 ガンや心臓病、高脂血症といった病気は多くはなかったのです。

ところが、食事が洋食化になってきて、トランス酸を摂取することも多くなったために、 こういった病気の発生率が増えてきているのでしょう。

もちろん、これだけ問題になっているのだから、 トランス酸に関しては、各メーカーでも様々な対応はされているかもしれません。

ある油脂メーカーでは、トランス酸を発生させないような加工方法を行うように変えているので、
マーガリンなどに含まれるトランス酸の量も、以前よりは減ってきているのではないでしょうか。

いずれにしても、普段の生活での使用量くらいでは大丈夫だろうけど、
取りすぎるのは良くないので気をつけたいと思っています。

 

 

脇の黒ずみ対策に私はコレを始めました!

脇の黒ずみって本当にイヤになっちゃいます。
夏場はもちろんのこと、私はノースリーブをよく着用するのですが、こういうときにためらってしまうのが、
脇の黒ずみなのです。

黒ずみがあるとどうしても気になってしまいます。
特に電車ののるときなどは、つり革を持つと確実に、下に座っているサラリーマンに見られている感があります。
「うげ、この女、脇が黒い!」
なんて絶対に思われたくないですからね。

でも、そもそも私の脇ってなんでこんなに黒くなってしまったのだろう?

って考えてみたのですが、思いあたるフシが一つあります。
それは昔からカミソリで脇の毛の処理をしていたこと。

いろいろ自分でも調べてみたのですが、カミソリなどでワキの処理をすればするほど
摩擦でワキにメラニン色素が発生してそれで余計に脇が黒くなることってあるようなのですね。

結局のところ、黒ずみってのはメラニン色素。
これを取り除かないと昔のような黒ずみのない脇に戻すことはできないようです。

そこで、インターネットでいろいろ調べていると対策用のジェルが結構売られていたりします。
ピューレパールという商品に私は今注目しています。

もし、仮に購入して効果がなかったとしても返金保証もちゃんとやってくれるようです。

ピューレパール、返品、返金保証の落とし穴に気をつけろ 

ただ、返送するときの送料は自分で支払わなければなりませんけどね。
とにかく私は過剰な自己処理をやめました。脱毛サロンで脱毛してもらうことにして、
一刻も早く”黒いワキ”から抜け出そうと思っています。

指先というのはかなり見られています、指先も忘れず毛の処理を!

自分はきれいに見られたいから、体中のケアーをやっています。

サボったらきれいには見られないと思うので、全身をきれいにしています。

やらなくてはならないのは、指先のケアーです。

あなたは指先のケアーもやっていますか?

私は気にかけてやっています。

手は他人からはかなり見られていますから、きれいにしなくてはならないのです。

どんなに顔のメイクを懸命になってやっていても、手のケアーができていなかったら困るでしょう。

顔と同じように、手も大事になってきます。

他人は手が目につくものです。

手をきれいにすることが欠かせません。

私は毎日時間をかけてマッサージをやっています。

私は家事をやらなくてはならないので、手をきれいにキープすることは簡単ではないのです。

時間もかかるし、たまに面倒に思います。

手のケアーでやらなくてはならないのは脱毛です。

脱毛ケアーをやらないと、手が汚く見えてしまいます。

手にも細かな毛が生えていますから、油断はできないのです。

あなたは手の脱毛ケアーもやっていますか?

男性でも手の脱毛を気にかけている人が多くなっています。

男性でも、イケメンに見せたい時には手のケアーをやっていくことが欠かせません。

あなたももしも今までに手のケアーのことを気にかけていなかったら、いつどこから誰に見られているかもしれないので、これからは手のケアーも気にかけてみましょう。

手がきれいになったら、優雅な女性に見えてきます。

優雅な女性に見せたかったら、手のケアーも怠らないでやっていきましょう。

脱毛器と除毛クリーム、私だったらこっちを選びます!

脱毛はもしもやらなかったら恥をかいてしまうので、気にかけてやらなくてはならないです。

私も前はこんなにも脱毛に気を使っていませんでしたが、最近では脱毛に気を使っています。

脱毛はやるのが面倒だから、たまにやりたくないな!

と思うこともあるのです。

あなたもそんな気持ちになりませんか?

私は少しでも脱毛ケアーを楽にしたいと思ったものですから、脱毛器を購入したのです。

毎回の脱毛では脱毛器を使っています。

昔は除毛クリームを使っていましたが、除毛クリームでは脱毛効果が大きくないと感じてしまいます。

せっかく、自分が脱毛を行うのだったら、よりきれいにできる方法でやってみたいからです。

脱毛器を買ってよかったです。

他の女の子にも脱毛器は人気になっています。

今までは、脱毛器を使った脱毛をやっていなかったけれども、この頃では脱毛器を使った脱毛を始めている子も増えています。

あなたはどんな方法で、脱毛をやっていますか?

できたら、より効果が高い方法で、快適な脱毛をできたらうれしいです。

私もさらに高性能の脱毛器が出たら、購入しようかなと考えています。

脱毛器の価格も安いものだったら5000円程度からありますし、高いものだったら何十万円もするものもあるのです。

あなたの好きな予算に合わせて、脱毛器も選べるようになりました。

朝は水と果実しか口にしません、そのワケは・・・

どんな食べ物を食べているのかによって、体が作られていきます。

あなたが食べるものには、気を使わなくてはならないのです。

今までは、私もただ満腹が感じられたらいいと思ったので、自分が食べるものには気を使わなかったです。

それだったら、体にはよくないと思うので、これからは体にいいものだけを食べていくことにしたのです。

朝は体のスタートですから、何を食べるのかが重要になります。

私が朝に食べているのは水と果物です。

水はたくさん飲むし、果物もたくさんいただきます。

果物は何でもいいと思うのですが、リンゴとかバナナとか食べています。

本当は、桃とかメロンとか食べたいけれども、高級なものはたくさん食べられないからです。

何で毎日水と果物しか食べないのかといったら、朝はたくさん食べない方が体にはいいと聞いたからです。

有名なモデルさんや女優さんも、朝はたくさん食べ物を食べない生活になっています。

私の友人では全く朝は何も食べない!

という子もいますが、全く何も食べないのは体にはよくないそうです。

水や果物を食べるくらいが体にはいいのです。

私は今の自分では満足できないから、今以上にきれいになっていきたい!

と思っています。

自分が何をどの程度いただくのかということには、さらに気をくばらなくてはいけないでしょう。

きれいになりたい気持ちが大きいので、できることは何でもやっていきたくなってしまいます。